メリット

こんな課題ありませんか?

ホームページを作ったは
いいけど活用できていない
WEBでの施策で
何をしたらいいのかわからない
予算が小規模で
広告代理店が引き受けてくれない
外部に委託する
コストを削減したい

3つのメリット

臨機応変に広告を配信できる

イベント集客、寄付集め、ボランティア募集など、団体が訴求したいことはさまざま。
デジマメを使えば、災害で緊急支援が必要なとき、イベント開催にあたって告知をしたいときなど、そのときそのときに併せて、自分たちで広告を配信することができます。

数字をもとに、改善できる

オフラインの施策では、何人の目に触れて、どんな人が興味を持ってくれて…といった実績を計測するのはとても大変なことでした。しかし、デジタルマーケティングを活用すれば、結果が数字として現れるため、データをもとに事業の改善がしやすくなります。団体のことをよく知った人が、団体の運営をより良くするためのPDCAを回すことができるのです。
体系的にテストし、走りながら軌道修正

広告運用のことがわかる人にお願いをする場合でも、依頼する側がある程度のリテラシーを備えていないと、適切に広告運用がされているのかどうかを判断することができません。デジマメを受講すれば、外部の広告代理店に委託をするとしても、同じ視点で会話ができるので、「パートナー」として伴走できるのです。
サポート内容など、デジマメのことがよくわかる