イベントレポート

手軽に導入できるクレジットカード決済機能も!支援者と無償で繋がるSyncable(シンカブル)【FRJ2017レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月18日・19日に開催されたFRJ2017。
今回は協賛として出展していたSyncable(シンカブル)さんのお話をレポートします。

 

Syncable(シンカブル)とは

Syncable(シンカブル)

NPO法人や基金、公益財団法人など、支援を必要としている団体のポータルサイトです。

私自身は学校で集めていた募金でしか寄付をしたことがなく、「支援する団体ってどうやって見つけるのだろう?」という疑問を持っていました。
FRJ2017でSyncableさんを知り、こんな便利なサイトがあるのか、と感動しました!

今回はSyncableの佐藤さんにお話を伺ってきました。

 

1.Syncableにとっての社会課題とは?

NPO側の課題として『社会課題の解決のためにNPOを立ち上げたものの、走り出しの労力がかかりすぎること』、サポーター側の課題として『寄付の意思を持った人が興味のある団体を探してアクションに移せない』の2点です。

1点目の労力については、CMや電車広告を出しているような団体なら、世間に認知してもらうことができ、寄付も集められる可能性は高いかもしれません。
一方で、そうでない団体は寄付を集めるために、それなりの労力が必要です。

また、立ち上げ後、寄付のためにサイトをつくったり、寄付フォームをつくったりするのにも、たしかにお金や人の力が必要です。
しかしそれが用意できなければ、寄付を集めにくいのが実情です。

2点目については、筆者が考えていたことで「まさに!」と感じました。

 

2.その課題に対してSyncableはどのような価値を提供しているの?

①NPO側に向けて
広報活動ページや寄付ページを簡単に作成できるシステムを提供しています。
Syncableに登録することで上記の2つのページが準備できるため、立ち上げ時に必要なサイトや寄付フォームの準備の手間、コストを省くことができます。
立ち上げから間もない団体やITのスキルに自信がない方にはうれしいサービスですね。

②サポーター側に向けて
Syncableサイト内の団体をフリーワード検索や活動分野で絞り込んで探すことができます。
活動分野の選択項目は、国際支援、子どもの教育、観光・まちづくり支援などがあります。
興味のある団体を探し出した後に、「寄付する」だけだとすぐにアクションに繋がらない可能性があるので、気軽に情報を受取るための「フォローする」や「寄付を集める」ための機能等、いくつかの支援方法を用意しています。

 

3.具体的にどのような仕組みで行っているの?

①NPO側に向けて
Syncableへの登録により広報ページ、寄付ページを開設し、サポーターを募ります。
サポーター管理でサポーターとコミュニケーションをとることも可能で、サポーターを集めることはもちろん、継続的な関係を築くこともできます。
Syncableが開催するオンラインイベントへの参加も可能で、イベントでサポーターを増やすこともできます。

②サポーター側に向けて
前項で紹介した方法でSyncableで団体を探し、サポーター登録をすることで団体への寄付やフォローをすることができます。
facebookでの登録も可能です。

また、「どの団体に寄付するか決められないけれど、解決したい社会課題はある」方向けに、特定の目的に対して寄付を集め、Syncableが該当する団体に振り分けるかたちもあります。
例えば2017年には、「猫の殺処分に取り組んでいる団体に」対して支援を集め、Syncableが該当する団体に振り分ける『Syncableキャット基金』を行いました。

Syncableキャット基金イベントページ

 

4.プロジェクトをSyncableに掲載するには

お問い合わせをすると、Syncableのスタッフからサービス内容の説明を受けられます。
その後、ページに掲載する内容を決め、掲載開始、支援を集める流れです。

Syncable非営利団体向けページ

 

『繋がる』の次のアクションへ

佐藤さんのお話を伺い、IT施策がうまくいっているNPO法人がまだまだ少ないことを感じました。

また、同じ社会課題に対しての取り組みでも、団体により活動が大きく違うことを知りました。
サポート側からSyncableサイトを見て、このようなポータルサイトで比較・検討をしてサポートできるのは、ユーザーにとって「NPO」そのものへの興味を持つきっかけにもなるのではないかと感じます。
社会課題に対してアクションを起こすためには、Syncableさんのようなきっかけとなる存在も必要ですね。

今後は、イベントへの参加やプロボノ募集、企業と連携した寄付プログラム等よりアクションに繋げやすい機能も準備していくそうです。
楽しみですね!

お話を聞かせてくださったSyncable佐藤さん、ありがとうございました!

コメント

コメントを残す

*