基礎知識

Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)のアカウント開設の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)を始めてみたい。

そのためには、Google Ad Gratns(グーグルアドグランツ)のアカウントが必要ですよね。
そこで今回は、Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)のアカウント開設までの流れをまとめました。

 

Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)のアカウントを開設する手順は、

  1. TechSoupにて「アカウント作成」&「確認トークン取得」
  2. Google for Nonprofitsにて「無償ツール利用申請」
  3. Google AdWords内にて「Ad Grants用アカウント」の作成
  4. Google AdWordsとGoogle for Nonprofitsの紐づけ

です。
3つのサービスにおいて、それぞれアカウント作成や申請を行うことで、Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)のアカウントが利用できるようになります。
3つのサービスを横断するとなると少々面倒に感じるかもしれませんが、作業自体はどれも簡単です。
キャプチャをまじえ、アカウント開設の流れを後述いたします。

 

**************
Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)
NPO法人が月間10,000米ドル分の広告を、Googleの検索結果の画面に掲載することができます。
詳しくは『【NPO向け広告】Google Ad Grantsで関心の高い支援者を募ろう』をご覧ください。

TechSoop(テックスープ)
NPO法人、公益社団法人、社会福祉法人、一般社団法人(非営利型)を対象とした、IT基盤・組織基盤強化を支援するためのプログラムです。

Google for Nonprofits
Google For Nonprofitsに申し込むことで、さまざまなツールが無償で提供されます。Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)もそのうちの1つです。
詳しくは『【NPO法人×Google】Google for Nonprofitsで活動を広げよう』をご覧ください。
**************

 

TechSoupにて「アカウント作成」

TechSoupにアクセスし、画面上部のメニューから『寄贈申請までの手順』をクリックします。

寄贈申請までの手順について記載されたページに遷移します。
手順内の「1.団体登録をする」をクリックしましょう。

団体登録までの手順が説明されたページに遷移します。
そこで手順について、登録に必要な情報や資料について説明されていますので、目を通しておきましょう。
手順の内容を要約すると、

  • 団体情報の入力
  • 案内メールの受信
  • 必要書類の提出

によって団体の活動が確認された後に寄贈申請が可能となります。

それでは、さっそく登録していきましょう。
ページの右側に表示された「団体を登録する」をクリックします。

団体情報の入力画面に移ります。
ユーザー名やパスワード、メールアドレス、法人名、活動内容などをフォームに記入します。
フォームの最後にある、プライバシーポリシーに関する同意やロボットではないことのチェックボックスを忘れずにチェックし、「新規アカウントの作成」をクリックします。

登録したメールアドレスに「アカウントが作成されました」という件名のメールが自動送信されます。
※メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに入っている可能性があるので確認してみましょう。

メールに提出が必要な書類について指示が書いてありますので、その通りに提出します。

TechSoupが団体資格を確認できれば、TechSoupからアカウント作成完了のメールが届きます。
また、その内容に従い、NPO団体の場合は「NPOヒロバ」、公益法人の場合は「公益法人データーベース NOPODAS」へ登録しましょう。
Googleの無償ツールを利用するにはこの登録が必要です。

 

TechSoupにて「トークン取得」

アカウント作成時に決めたユーザー名とパスワードでTechSoupにログインします。

ユーザーアカウントの「確認トークン」タブを選択し、確認トークンを取得してください。

 

Google for Nonprofitsにて「無償ツール利用申請」

つづいてGoogle for Nonprofitsのサービスページにアクセスします。
画面右上の「プログラムに申し込む」をクリックします。

画面右側の「Google for Nonprofitsに申し込む」をクリックします。

Google for Nonprofitsの申し込み項目入力ページに遷移するので、必要な情報を記入しましょう。
ここでTechSoupで取得した確認トークンが必要になります。
フォームを送信すると、Google for Nonprofitsプログラム登録完了のメールが届きます。

 

これでGoogle for Nonprofitsでの無償ツール利用申請が完了します。
Googleが提供する無償ツールを利用できるようになります。

 

Google AdWords内にて「Ad Grants用アカウント」の作成

それではGoogle Ad Grants(グーグルアドグランツ)のアカウントを作成していきましょう。
Google Ad Grants用アカウント作成ヘルプページにアクセスします。
アカウント作成の手順が記載されています。要約すると、

  • Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)を使うためにアカウントを作成しましょう
  • 特殊な手順を踏む必要があります
  • 通貨はUSドルを設定します
  • 支払い情報を設定するように求める通知は無視してください
  • 事前にこのガイドで操作方法を確認しましょう
  • アカウントは2~4時間で作成されます
  • Google Ad Grantsで使用できるのは検索広告のみ

「手順¼:AdWordsアカウントを作成する」の項目に設置された、「アカウントを作成」ボタンをクリックしましょう。

アカウントのログインや通知先に設定されるメールアドレス、国、タイムゾーン、通貨をしていします。
ここで必ず通貨は米ドルを選択してください。

「保存して次へ」をクリックすると、記入したメールアドレス宛にメールが届きます。
メールの記載の手順に従い、認証作業などを行えばアカウントの作成完了です。
※メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認してみましょう。迷惑メールフォルダにも届いていない場合は、記入したメールアドレスが間違っている可能性があります。

 

Google AdWordsと「Google for Nonprofits」の紐づけ

改めてGoogle for Nonprofitsのサービスページにアクセスします。
画面右上の「ログイン」をクリックします。

「Google Ad Grants」の「登録」をクリックします。

以後の画面で、「紹介コード(=TechSoupで取得した確認トークン)」「Google AdWordsの10桁のID(=Google AdWords管理画面右上に記載のお客様ID)」を記載すると、Google AdWordsと「Google for Nonprofits」の紐づけが完了し、Google Ad Grantsのアカウントとなります。

 

アカウントの開設は簡単、運用に注力を

Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)のヘルプページで手順を読むのが面倒に感じ、アカウントの開設自体にもやる気が起きなくなってしまうかもしれません。
しかし実際に開設してみれば分かりますが、利用資格さえクリアしてしまえばアカウント開設自体は簡単にできます。
利用条件さえクリアしているのであれば、アカウントを開設してGoogle Ad Grants(グーグルアドグランツ)を利用してみることをおすすめします。

またアカウントを開設した後は検索広告の運用を行っていかなければなりません。
そのためにリスティング広告の仕組みや、運用におけるコツも押えておきましょう。

 

☆Google Ad Grants運用のための基礎知識&運用のコツ☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加