ツール/サービス紹介

寄付決済フォームは何が良い?NPOが使える決済フォーム10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPOの活動として寄付を募る際、無くてはならないのが決済フォーム。
しかし決済フォームは様々あり、どの決済フォームが自団体に合っているのか、NPOの方にとっては悩みの種です。

そこで今回はNPOが使うのにおすすめな決済フォームを、費用・決済方法・クレジットカード会社・寄付の種類でそれぞれまとめてみました。

※2017年7月13日時点の情報からまとめております。導入される際は、直接、各サービス提供企業・団体にお問い合わせいただき、ご自身の責任でご判断ください。
※費用については税抜価格で記載しております。

 

キフフォーム

キフフォーム

費用:
別途見積り

決済方法:
クレジットカード決済、口座引落し(ウェブ口座振替)、ネットバンキング決済(単発寄付のみ)、コンビニ支払い(単発寄付のみ)、その他の決済(Pay-easy決済、携帯キャリア決済など)

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

キフフォームは全国500以上の大学、団体に利用されています。
導入にあたりシステムの改修が必要なく、支援者に対するサンクスメールやクレジットカードの期限切れのお知らせなども自動送信してくれるため、団体側の手間を大いに省いてくれます。
また海外向けに英語、中国語、ロシア語、フランス語など、様々な言語に対応しているため、国境を越えた課題に立ち向かうNPO法人にとっては嬉しい機能ではないでしょうか。
他にもSNSとの連携やふるさと納税で利用できる寄付へのお礼品の掲載機能など、使いやすい機能が充実しています。

[導入団体例]
あしなが育英会、ガイア・イニシアティブ、がん研究会、チャリティ・プラットフォーム、マイ・ドリーム基金 など

 

Cloud Payment募金・寄付ASP

Cloud Payment募金・寄付ASP

費用:
別途見積り

決済方法:
クレジットカード決済、口座振替、銀行振り込み決済(バンクチェック)

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

募金・寄付ASPを提供する株式会社Cloud Paymentは、toB向けの決済フォームも提供しています。その15年以上の実績から、決済代行業界でも信頼の置ける企業の1社です。
NPO団体に対しては100団体を超える導入実績があり、寄付に関するノウハウも持っています。

[導入団体例]
PLAS、フローレンス、JEN など

 

PAY.JP NPO

PAY.JP NPO

費用:
初期費用  無料
月額費用  無料
決済手数料 1.5%

決済方法:
クレジットカード決済

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard

対応可能な寄付の種類:
明記なし

toB向けにシンプルな料金体系でオンライン決済サービスを提供するBASE株式会社が、NPO向けに提供しているのがPAY.JP NPOです。
「価値の交換をよりシンプルに、世界中の人々が最適な経済活動を行えるようにする」をミッションに掲げた企業だけに、オンライン決済サービスの「時間がかかる、高い、使いにくい」という問題を解決した、シンプルで導入しやすい決済サービスです。

 

アナザーレーン(ALI)

アナザーレーン(ALI)

費用:
初期費用  無料
月額費用  無料
決済手数料 3%台~
※継続寄付の場合オプションであるため、初期費用・月額費用が発生

決済方法:
クレジットカード決済

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard、American Express、Diners Club

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

アナザーレーンでは、店舗やECサイト向けの決済サービスを提供している企業ですが、社会貢献活動の一環として、NPO法人に初期費用・月額費用を無料で提供しています。

[導入団体例]
チャイルドドクター・ジャパン など

 

シン・ファンドレイジングペイメント

シン・ファンドレイジングペイメント

費用:
初期費用  無料
月額費用  無料
決済手数料 カード会社により異なる
 VISA・MasterCard 5%
 JCB・AMEX・Diners 6%
認証料   50円(税抜)/1取得ごと
※継続寄付の場合オプションであるため、初期費用5,000円/1IDが発生

決済方法:
クレジットカード決済

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

シン・ファンドレイジングペイメントは、NPOの課題となるファンドレイジングをサポートする会社が提供する決済サービスです。
プロのファンドレイザーとしてNPOをサポートしてきた実績から、信頼のおけるサポートを受けられるでしょう。
3G回線で利用できるポータブル端末の貸し出しオプションもあり、イベントなどのオフラインでも利用できます。
なおシステム自体は前述のアナザーレーンのクレジット決済サービスを利用しています。

 

pneclub

pneclub

費用:
スタータープラン
 初期費用  無料
 月額費用  無料
 決済手数料 10%
プロプラン
 初期費用  無料
 月額費用  9,800円
 決済手数料 6%

決済方法:
クレジットカード決済

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard
※オプション月額2,000円で、JCB、American Express、Diners Clubが追加できる

対応可能な寄付の種類:
明記なし

pneclubはNPOやNGOの寄付集めに以外にも、町内会の集金などコミュニティ運営の効率化にも使えるサービスです。
入会・請求・集金・督促・退会などのバックオフィス業務の代行も請け負っています。
会員管理ができるので、会員をグループに分けて、それぞれに合った内容で支援者に活動報告メールで自動送信することもできます。

[導入団体例]
アフリカゾウの涙、アールディネット、震災リゲイン、手のひらに太陽の家、ヒーライトねっとサポーター など

 

KIFTY

KIFTY

費用:
初期費用  無料
月額料金  3,980円
決済手数料 明記なし

決済方法:
クレジットカード決済、銀行振り込み決済

使用可能なクレジットカード:
明記なし

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

KIFTYは継続寄付に繋げることを考え、支援者との関係構築にも活用できる寄付フォームです。支援者に向けた活動報告書を作成し公開することができます。
また寄付金の集計やページのアクセス数を計測することができ、Googleアナリティクスと連携させることができるので、支援者のオンラインでの行動など分析がしやすくなります。

 

CANPAN

CANPAN

費用:
初期費用  無料
月額費用  プランにより異なる
 ベーシックプラン 3,800円
 コンビニプラン  5,500円
決済手数料 5~5.5%(カード会社により異なる)

決済方法:
ベーシックプラン クレジットカード決済
コンビニプラン  クレジットカード決済、コンビニ決済

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard、JCB、American Express

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付(クレジットカード決済のみ)

CANPANはNPO法人CANPANセンターが提供する決済サービスです。
CANPANセンターは日本の公益活動に携わる方向けに、情報提供、資金基盤の強化や公益活動の活性化のために支援を行う団体です。
2009年から提供している決済システムを2014年にリニューアルし、クレジットカード以外にもコンビニや銀行からも対応できるようになっています。

 

テレコムクレジット

テレコムクレジット

費用:
初期費用  20,000円~
月額費用  3,000円~
決済手数料 3.0%~
トランザクション費用 15円~

決済方法:
クレジットカード決済、銀行振り込み決済

使用可能なクレジットカード:
VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

テレコムクレジットはクレジットカード決済代行業を20年以上続けている企業です。
最短即日に導入でき、対応業種が幅広く、寄付・募金サイトやクラウドファンディング(ソーシャルファンディング)のサイトで導入されています。

 

Bokinchan

Bokinchan

費用:
初期費用 385,000円
月額費用 支払い先に応じて変動
 支払先ソノリテ 20,000円~
 決済代行会社  5,000円+その他手数料
 カード会社   決済金額の約3.6~5%

決済方法:
クレジットカード決済、コンビニ決済、電子マネー(SUICA・Edy)、ペイジー

使用可能なクレジットカード:
明記なし

対応可能な寄付の種類:
単発寄付、継続寄付

BokinchanはNPOの募金に特化したオンライン募金システムです。
NPOの職員として寄付集めをしていた方が開発しているため、NPO目線でつくられた決済フォームです。
データベースとの連携やランディングページの作成などのオプションもあるので、サイト制作やシステム導入に詳しくない団体でも、NPOに特化した決済フォームを導入できます。

[導入団体例]
茨城NPOセンター・コモンズ、エルシステマジャパン、災害ボランティアネット、信頼資本財団、日本ナショナルトラスト など

 

費用の比較表

最後に費用面を比較表にしてまとめました。

決済フォーム 初期費用 月額費用 決済手数料
キフフォーム 別途見積り
募金・寄付ASP 別途見積り
PAY.JP NPO 無料 無料 1.5%
アナザーレーン 無料
※継続寄付はオプション料
無料
※継続寄付はオプション料
3%台~
シン・ファンドレイジングペイメント 無料 無料 VISA・Master Card5%
JCB・AMEX・Diners6%
pneclub 無料 無料
or
9,800円
6%
KIFTY 無料 3,980円 明記なし
CANPAN 無料 3,800円
or
5,500円
5~5.5%
テレコムクレジット 20,000円~ 3,000円~ 3%~
Bokinchan 385,000円 20,000円~
or
5,000円+その他手数料
or
決済額の3.6~5%
明記なし

コメント

コメントを残す

*