記事

Google Ad Grantsのポリシー変更。アカウント停止を防ぐには?【クリック率向上編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018/1/1にGoogle Ad Grantsプログラムポリシーが変更され、クリック率が低い場合アカウントが停止するようになってしまいました。
アカウント停止を防ぐため、今回はクリック率を改善させる施策をご紹介します。

 

ポリシーの変更点

ポリシー変更についての詳細は
Ad Grantsが大きくポリシー変更?!認知目的から、コンバージョン目的へ【2018年1月~】
をご確認ください。

今回のポリシー変更でクリック率に関して、下記の規定ができました。
・Ad Grantsアカウントは、毎月のクリック率(CTR)を 5% で維持する必要がある
・CTRの基準が2ヶ月連続で満たせなかったらアカウント停止

アカウント全体のクリック率が5%を下回ってしまうとアカウントが停止してしまう危険性があります。

クリック率を上げるには?

まずはクリック率とは何かを復習しましょう。
クリック率とは、広告のクリック数を表示回数で割った値です。
数式でいうと

クリック率=クリック数÷表示回数

となります。5%以上をキープするために対策を行いましょう。

①表示回数が多くクリック数が少ないキーワードを削除
まずは、キーワードを、顕在層(団体、プロジェクト名)、準顕在層(活動内容)、潜在層(社会課題、支援対象)に分け、
優先順位順をつけましょう。優先度は、顕在層>準顕在層>潜在層となります。

上記で分類をしたら、キーワードをクリック率順に並べ、潜在層から優先的に、表示回数が多く、クリック数が少ないキーワードをピックアップし、削除しましょう。
削除していき、アカウント全体のクリック率が5%を下回らないようにしましょう。

②広告表示オプション追加
広告表示オプションを設定するとクリック率が改善するケースがあります。
可能であれば複数の種類の広告表示オプションを設定しましょう。

・サイトリンク表示オプション
 通常のリンク先 URL以外にサイト内の別のページへのリンクを広告に追加する機能

・コールアウト表示オプション
 広告文とは別に異なる訴求を追加できる機能

・構造化スニペット表示オプション
 サービスのポイントを訴求できる機能。

・電話番号表示オプション
 団体の所在地など住所を表示する機能

・住所表示オプション
 団体の所在地など住所を表示する機能

※下のキャプチャでは上から、コールアウト表示オプション、住所表示オプション、サイトリンク表示オプションが設定されています。

③広告文のABテストを実施
広告文のABテストを実施し、クリック率の高い広告文を見つけましょう。
しかし、ABテスト用の広告文をあらゆるキーワードで考案し、設定するのは時間がかかる場合もあります。

その際は表示回数が多いもの(①で削除したものは除く)から着手しましょう。
表示回数の多いキーワードは、アカウントに与えるインパクトが大きく、クリック率が改善することでアカウントの全体のクリック率が上がる可能性が高いためです。

④ランディングページの利便性を上げる
ランディングページの利便性は間接的にクリック率に関係します。
その理由を簡単に説明します。

まず、クリック率は掲載順位が上がるほど高い傾向にあります。
キーワードが検索された際、表示回数が5~6位となるとページの下部に表示されるためなかなかクリックされないことがあります。
一方、1~2位になると検索窓のすぐ下に表示されるため目につきやすく、クリックされる可能性も上がるということです。

掲載順位は広告ランクによって決まります。
その広告ランクは下記の数式で決まります。

入札価格×広告の品質=広告ランク

Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)の場合、入札価格は2ドル以上には設定できないため、掲載順位を上げるためには、広告の品質を上げることが必要です。

この広告の品質は下記の要素で決まります。
・クリック率
・広告の関連性
・ランディングページの利便性
・広告表示オプション
・クエリ
・ユーザー(端末、言語、場所、時刻など)

上記のとおり、ランディングページの利便性が広告の品質を決めるひとつの要素となっているため、ランディングページの利便性を上げることで掲載順位が上がり、クリック率が上がる可能性があります

ユーザーにあった情報を見せられているか、コンテンツ量は十分かを確認しましょう。
また、キーワードにあわせてランディングページを別で用意するという方法もあります(こちらも表示回数の多いものから着手することをおすすめします

以上がクリック率を向上させるための主な施策です。
Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)のポリシー変更に伴う対策については
Google Ad Grantsのポリシー変更。アカウント停止を防ぐには?【アカウント構造編】
Google Ad Grantsのポリシー変更。アカウント停止を防ぐには?【キーワード編】
でもご紹介しています。あわせてご確認ください。

★ポリシー変更にとるアカウント停止でお困りの方!
NPO Marketing Laboではアカウント停止対策のサポートをさせていただいております。
お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

NPO Marketing Laboでは、Google Ad Grants広告運用を無料でサポートしております。
(※広告入稿代行や、キーワード追加、検索クエリキーワード追加、キーワード精査など)

<<Google Ad Grants運用業務無料 サポートお申込はこちら>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*