基礎知識

Google Ad Grantsを利用するなら知っておきたい、リスティング広告掲載の仕組み【NPOマーケティング】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPOが月1万米ドル分の広告を無償で配信できる、Google Ad Gants。
【NPO向け広告】Google Ad Grantsで関心の高い支援者を募ろう』で紹介した通り、無償で関心の高いユーザーに広告を配信し、効果を数値として検証できるサービスです。
Googleが定めた条件に合ったNPOであれば、是非とも利用したいサービスです。

しかしGoogle Ad Grants(グーグルアドグランツ)を利用するなら、リスティング広告の仕組みについて知っておかねばならないでしょう。

今回はGoogle Ad Grantsを正しく使いこなすための基礎として、リスティング広告の仕組みについて紹介します。

 

リスティング広告とは

リスティング広告とは、web検索の結果ページの上部や下部に表示されるテキスト広告です。
Googleでは『Google AdWords』として、Google検索やGoogleの提携先の検索結果画面に広告を表示させられるサービスを提供しています。
Google AdWordsの場合、広告費は広告主(広告を出稿する側)が負担しますが、Google Ad GrantsではそれをNPO用として無償で広告配信ができるように提供されています。
つまりGoogle Ad Grantsを利用するのであれば、リスティング広告についての知識が必要です。

 

リスティング広告掲載の仕組み

リスティング広告ではどのような検索語句に対して広告を表示させるか、広告主側で指定できます。
よって広告の内容に関連する検索のみを狙って広告表示をさせることができ、興味関心の高い相手に対して効率よく広告を出稿できます。

検索語句とは、ユーザーにとってはニーズそのものです。
ユーザーのニーズ(検索語句)と広告主が設定した語句がマッチしているかが、リスティング広告を運用する上での1つのポイントです。
(語句の選定、設定のコツについては、『Google Ad Grants運用におけるキーワード設定のコツ』にて説明しております)

※Googleに広告表示をさせないよう申請された商標や著しく検索回数が少ないキーワードなど、広告表示のできない検索語句もあります。

検索に関連する広告が表示されるとユーザーが興味を持つ可能性は高くなります。
興味のある広告をクリックすると広告に設定されたリンク先のwebサイトに遷移し、詳しい内容をユーザーに見てもらうことができます。

このとき、広告のクリックに対して広告費が発生します。
Google Ad Grantsでは広告費を請求されることはありませんが、1万米ドル分までしか広告を配信できません。
つまり、できる限り1クリックあたりの広告費を少なくし、数多くのクリックを集めたほうがアプローチできる人数が多くなるのです。
このクリックあたりの費用については、また別の記事で詳しく説明したいと思います。

 

「ユーザーニーズ=検索語句」を利用した広告

リスティング広告は、ユーザーのニーズが具現化したもの、検索語句を利用した広告です。
よって、自団体に関心のあるユーザーが検索するであろう語句を想像したり、検索意図を考えて運用する必要があります。

今回の記事では、

  • リスティング広告は検索結果の画面に表示される広告
  • 検索語句によって表示される広告が変わる
  • 広告主はどのような検索語句に対して表示されるかを指定できる
  • 広告のクリックに対して広告費が発生する(ただしGoogle Ad Grantsは無料)

という4点を押さえていただければと思います。
1クリックあたりの広告費や広告の掲載位置がどのように決まるかについては、次の記事で詳しく触れていきたいと思います。

 

☆Google Ad Grants運用のための基礎知識&運用のコツ☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加