NPO団体紹介

e-Education

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e-Educationにとっての社会課題とは?

アジア最貧国バングラデシュでは、4万人の先生が不足していました。
そのため、農村部の高校生たちは、満足な教育を受けることができません。
彼らは大学受験の道を諦め、待遇の良い仕事に就くことができず、その結果貧困の再生産が起こります。

このように、バングラデシュではどんなに学ぶ意欲や能力が高くても、勉強する機会を与えられないままになっている現状があります。

 

その課題に対してどのような価値を提供しているのか

「世界中の貧しい子どもたちに、不可能はないことを教えてあげてほしい」
そのような想いを受け、新しい挑戦が始まりました。
e-Educationでは、途上国の子どもたちへの教育支援を行っています。
「最高の授業を、世界の果てまで届ける」というミッションのもと、子どもたちへ教育の機会を与え、世界の子供達の夢を叶えています。

 

具体的にどのような仕組みで行っているのか?

バングラデシュ、フィリピン、ミャンマーなどこれまで14の国と地域で「最高の先生」の「最高の授業」をDVDにして届けてきました。
いつでも、どこでも、なんどでも受講できるDVDを使い、彼らの大学受験をサポートしています。

 

これまでの実績

2017年3月までに、14カ国へ事業を展開。
2,000本のDVDを作成し、15,000人の子どもたちに届けてきました。
バングラデシュでは、国立No.1のダッカ大学をはじめとした難関大学に、これまで約150人の貧しい高校生が進学しています。

 

e-Educationを支援するには?

一般の方

月々の寄付を通してe-Educationの活動を応援する「マンスリーサポーター」の申し込みを随時受け付けております。
まずはHPをご確認ください

 

企業の方

講演会や社内勉強会の講師、WEBやソーシャルメディア上での共同キャンペーン、CSRや研究の委託実施、寄付つき商品の制作等など、様々な支援方法があります。

まずは団体までお問い合わせください。

 

団体名:特定非営利活動法人 e-Education
代表者:三輪開人
WEB:http://eedu.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/eedu.jp/
Twitter:@eedu_jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*