ノウハウ

Google Ad Grantsポリシー変更!アカウント停止でお困りの方へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知の方も多いかと思いますが、
2018/1/1にGoogle Ad Grants(グーグルアドグランツ)プログラムポリシーが変更されました。

「ポリシー変更に伴い、アカウントが停止してしまった!」というお問い合わせが
NPO Marketing Laboにも寄せられていますので
ポリシー変更の概要と対策についてご紹介します。

なぜアカウント停止してしまったのか

2018年1月にGoogle Ad Grants(グーグルアドグランツ)プログラムポリシーが変更になったのをご存知でしょうか?
突然アカウントが停止してしまったという方は、Ad Grants(アドグランツ)アカウントが新ポリシーに対応できていない可能性があります。

変更があったポリシーは下記です。
・利用規約
・非営利キャンペーンに関するポリシー
・ウェブサイトに関するポリシー
・アカウント管理に関するポリシー
・以前の GrantsPro ポリシーを廃止

詳細は
Ad Grantsが大きくポリシー変更?!認知目的から、コンバージョン目的へ【2018年1月~】
にまとめておりますが

・1キャンペーン内に有効広告グループが2つ以上あるか
有効な2種類のテキスト広告が設定されているか
・1語のキーワードがないか
品質スコアが 2 以下のキーワードがないか

など、新しく加えられた内容が多く、
アカウント再開のために対策しようにも
チェックするだけで時間がかかってしまいそうです。

また、
・毎月のクリック率(CTR)を 5% で維持する必要がある
というポリシーも加えられたため、キーワード、広告文の大幅なテコ入れが必要な場合もあります。

 

ポリシー変更についてのGoogleの回答

NPO Marketing Laboでは、ポリシー変更について
不明瞭な点をGoogleの公式窓口に問い合わせを行いました。
(Q:当社運用者、A:Google公式窓口)

Q.ポリシー「キャンペーンごとに有効な広告グループが少なくとも 2 つあり、関連性の高いキーワードのセットと有効な 2 種類のテキスト広告がそれぞれに含まれている」
→これはDSA(動的検索広告)キャンペーンも対象?

A.DSA(動的検索広告)キャンペーンも対象。


Q.品質はいつ時点のものが対象?例えば今まで3だったものが2になった瞬間にNGになる?

A.明確なタイミングは用意されていない。
しかし、システムは基本的に常にアカウントを確認しているはず。

 

Q.ポリシー団体に関連する地域に広告を表示するためターゲット地域を設定する必要があります」
→これは国単位?それとも都道府県単位?

A.国単位か都道府県単位かという規定は設けていない。
何かしらのターゲット地域の設定がされている限り、こちらの条件は満たされたと判断される。

 

Q.ポリシー「キャンペーンごとに有効な広告グループが少なくとも 2 つあり、関連性の高いキーワードのセットと有効な 2 種類のテキスト広告がそれぞれに含まれている」
→キャンペーンとは稼働中のキャンペーンのみ?

A.有効なキャンペーンのみに適応される

品質はいつの時点のものなのか、など明確な回答が得られなかったものもありました。

 

アカウント 停止への対策は?

ポリシー変更への対応については専門のGoogle窓口があるわけではないため、自分たちで対応するしかない状況です。

特に、クリック率についてはアカウントの状況を追って規定以上の数値を保ちつづけなくてはなりません。
アカウントが停止しないため、対策を簡単にご紹介します。

▼表示回数が多く、クリック数が少ないキーワードの削除

クリック率=クリック数÷表示回数
アカウント全体のクリック率が5%以内になるよう調整が必要です。
そのために、表示回数が多く、クリック数が少ないキーワードを削除し、
アカウント全体のクリック率を5%以上に調整しましょう。

 

▼広告表示オプション追加

今回のポリシー変更でサイトリンク表示オプションの設定が必要になったのはもちろんですが
設定することでクリック率が改善することも多々あるため、
複数の種類を設定することをおすすめします。
・サイトリンク表示オプション
・コールアウト表示オプション
・構造化スニペット表示オプション
・電話番号表示オプション
・住所表示オプション

※下記の赤枠内が広告表示オプションです。

▼広告表示回数が多いキーワードの広告文でABテストを実施

ABテストを実施する際は、表示回数が多いものから着手しましょう。
アカウントに与えるインパクトが大きく、改善することでアカウントの全体のクリック率が上がる可能性が高いためです。

 

▼ランディングページの利便性を上げる

上記の対策を行ってもクリック率が改善しない場合は、
ランディングページを見直しましょう
別記事でご紹介しますがランディングページもクリック率に間接的に寄与します。
利便性を上げるためには、ユーザーにとって有益なコンテンツを見せられているか、テキスト量は十分かをチェックしましょう。

 

このように、ポリシー変更によりアカウントの管理がより煩雑になったと考えられます。

上記のような改善策を自分でやるのは難しい、という方、
NPO Marketing Laboでは
60団体のGoogle Ad Grants運用の実績からアカウント停止への対応サポートを承っております。

「アカウントが停止した」「停止しないようにしたいけどそうすべきかわからない」という方、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

 

NPO Marketing Laboでは、Google Ad Grants(グーグルアドグランツ)広告運用を無料でサポートしております。
(※広告入稿代行や、キーワード追加、検索クエリキーワード追加、キーワード精査など)

 


<<Google Ad Grants運用業務無料 サポートお申込はこちら>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*